手芸丸小ビーズの整理方法

05ビーズの収納

丸小ビーズはマスコットを作ったり、アクセサリーのアクセントに使ったりと、ビーズ手芸をしている方なら絶対に持っているものだと思います。

ビーズはきちんとまとめて保存していないと、何を買って、何が欲しいかもよくわからなくなります。

間違えて同じ番号のビーズを買ってしまうことも。

ワタシが行っている丸小ビーズの整理方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ビーズのNG整理方法

中に仕切りがあり、いろいろなビーズを一度に収納できるケースはよく見かけますがこの整理方法はお勧めできません

見ての通り、ほかのビーズと混ざってしまう点もありますがそれだけではありません。

01ビーズの収納

NG整理方法の理由

  • 蓋が開いている時に落下したら最悪
  • 型番がわからなくなり同じ色が購入できなくなる
  • そもそも取り出しにくいし、入れにくい

「蓋が開いている時に落下したら最悪」は想像しただけで嫌気がさします。ひとつづつ拾うことはほぼ不可能。ゴミも一緒に拾ってしまいケースの中が汚くなります。あきらめて掃除機で吸うことしばしば。

「出しにくいし、入れにくい」というものあります。新品で購入した時にジャーと入れる時ではなく、いざつかうときです。めちゃめちゃ取り出しにくいです。取ろうと思ったら隣のゾーンに入ってしまいだんだんとごちゃ混ぜに。ストレスにしかなりません。

最大の理由は「型番がわからなくなり同じ色が購入できなくなる」こと。マスコットなど丸小ビーズをたくさん使うレシピでつくっていると以外にも買い足しをする必要が出てきます。

この時にあれ?どこのメーカー何番のカラーだったか、見た目で判断することはほぼ不可能。白でもラメっぽいのやマットのものやちょっと透明になったものなどいろいろあります。

丸小ビーズってたくさん入っているけど、なくなるときはなくなる。何種類も購入するとTOHOで買ったかパーツクラブで買ったかなんて覚えていません。

丸小ビーズを整理する際はメーカーカラーの番号がわかるようにすることが重要です。

丸小ビーズの整理方法

ワタシが実践している丸小ビーズの整頓方法

  • 購入したパッケージのまま保管
  • ジップロックに入れて保管

02ビーズの収納

「購入したパッケージのまま保管」が一番おすすめ。最近のビーズのパッケージはどばーっと出ないようになっていて、取り出したい分だけ取り出せます。

袋に入ったビーズはジップロックに入れて保管もおすすめ。中身もばらばらになりません。また、買い足した後一緒にまとめることもできます。

丸小ビーズまとめる

丸小ビーズを100円ショップに売っているトレーディングカード用のケースにまとめています。たくさん入るのでとっても便利。

カラー別に並べるとみやすいかも。今のところめちゃくちゃです。

03ビーズの収納

取っ手がついているので持ち運びもラクちんです。

04ビーズの収納

2つケースがあるのは丸小ビーズと丸大ビーズ用です。

どんどん増えていく予感。ちょっとだけまだ余裕があるので詰め込んでいこうと思います^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加