黒い粒が怪しいと思っていたチアシード。癖になる食感だった。

DHCチアシード (1)

パワーフードとして人気のチアシードを食べてみました。DHCのものです。気になっていたものなんですけど、食べるのは初めて。

なんか、ちょっと、怪しいでしょ?あの得体のしれない粒。チアシードって何者なの?って感じ。

食べてみた感想は 無味 でした^^。でもね、ぷちぷちの食感がクセになるんですよ。

スポンサーリンク

チアシードって何者?

チアシードとは、南米原産のシソ科の植物チアの種子だそうです。タネなんですね。

DHCチアシード (4)

チアシードの特徴は

  • 食物繊維が豊富
  • 栄養素も豊富
  • 水を含むと約10倍に膨れ上がる

ということです。水を含むと約10倍になるって、胃の中でめちゃくちゃ膨らみそうだわ。食前に食べたらダイエットにもよさそうですね。

DHCチアシード (3)

チアシードは約3割を油分なんだそうです。カロリーとか気になるけど、この油分はα-リノレン酸というもので青魚に含まれるEPAやDHAと同様のはたらきをしてくれるそう。体内で合成することができない栄養で体に不足しやすいんですって。体に必要な油分なんですね。

何かに混ぜて食べるチアシード

食べ方はお好みの飲み物・食べ物に混ぜて食べてくださいとのことです。

1回分が1スティックです。1日目安量が1~3スティック。

DHCチアシード (2)

ヨーグルトに混ぜて食べてみましたよ。パッと見たかんじはゴマのような雰囲気。香りはないです。

DHCチアシード (5)

んでちょっと緊張しながら、一口パクッと。

歯ごたえがプチプチとして大きなゴマって感じです。味がないですね。無味。

あるのは食感だけだから料理の邪魔にならない感じ。スープと相性はよさそう。

このつぶつぶが10倍に膨らむって言われても想像出来なかったけど、口の中に入れると分かるような気がします。

「ん?なんか自分が想像して口の中に入れた量より多くなってない?」

そんな印象を受けました。

デメリットは歯にくっつきます。

チアシードは水分を含むと種子のまわりがゼリー状になるんです。だから歯にくっついてしばらく取れなかったですよ。

DHCチアシードのまとめ

DHCのチアシードは着色料・香料・保存料 無添加です。1回分が1スティックになっているのはいいですね。持ち運びも分量を計測する必要もなくて便利。

まぜりだけの手間いらずのチアシードです。

歯ごたえがしっかりしているので癖になります。いつもとちょっと違う食感にしたいときにもよさそう。20スティック入っていて価格も1000円しないのでお得感アリ。

 >> DHCパワーフード チアシード

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加